フロアコーティングの種類を理解して上手に選ぼう~ピカピカ生活~

作業担当者

上手な選び方

住宅

家の中で快適に過ごす上で、温度というのは重要です。夏のときには暑さを解消できるように、冬には寒さをしのげるようにする必要があります。断熱材を使用することによって、家の中に暑さや寒さを入れないように防ぐことができます。断熱材を使用するなら、断熱自体の性能を考えることも大切ですが、素材の特性を理解することも大切です。素材によって防火性や耐久性、安全性などは異なります。どういう目的で断熱材を使用するのかを考えて選ぶと良いでしょう。お金がかかるから断熱材を使用しないという人もいますが、断熱材はコストパフォーマンスが高いので、お得に使用することができるのです。夏にはクーラーが効きやすくなりますし、冬には暖房が効きやすくなります。そのため、電気代を抑えることができるのです。

断熱材の種類は色々ありますが、大別すると2つにわけることができます。繊維系と発泡プラスチック系の2つです。また、繊維系にはグラスウール、セルロースファイバー、インシュレーションボード、羊毛断熱材、ロックウールなどがあり、発泡プラスチック系には、ビーズ法ポリスチレンフォーム、フェノールフォームなどがあります。断熱材を選ぶときは、必要以上の機能を選ばないようにしたほうが良いです。暖かい地域で、非常に断熱できる断熱材を使用した場合、もちろん効果はありますが、費用が高くなってしまうのでコストパフォーマンスが悪くなってしまうのです。それを考えて断熱材を選んだほうが良いでしょう。

Copyright© 2016 フロアコーティングの種類を理解して上手に選ぼう~ピカピカ生活~All Rights Reserved.